標準貫入試験

ホーム地盤調査>標準貫入試験

標準貫入試験

標準貫入試験(JIS A 1219 )は動的な貫入試験であり、原位置における土の硬軟、締まり具合又は土層の構成を判定するためのN値を求めるとともに、土試料を採取する貫入試験法です。
サンプラーにより試料採取が出来るので土の性状が正確に把握でき、又、採取試料を各種土質試験にかけることによりさまざまなデータを得ることができます。

調査手順

調査の長所

過去のデータが数多く蓄積されています。
深い深度まで測定が可能です。
地下水位が確認できます。
土質の採取が可能です。

調査データ

試験データのプリント出力により現場で結果確認ができます。 又、専用のソフトにて報告書を作成し、素早い結果報告が可能です。

>> 調査データ例をご覧ください