ラムサウンディング試験

ホーム地盤調査>ラムサウンディング試験

ラムサウンディング試験とは

動的コーン貫入試験に分類され、オートマチックラムサウンディング 試験として知られています。 ドライブハンマーの質量は63.5kgで、落下高さが500mmであり、 貫入量200mm毎の打撃回数を測定するものです。 また、周面摩擦を補正するために、トルクを測定します(打撃回数が 5回を超す場合は200mm毎、5回以下の場合はロッド接続時1m毎にロッドを時計回りに2回転させて行われる)。 本調査法は、JISやJGSの規格にはありませんが、 近年比較的多く使用されるようになってきています。