表層改良工法

ホーム地盤補強>表層改良工法:工法の概要

工法の概要

表層改良工法とは

表層地盤改良工法は、軟弱地盤にセメント系固化材(粉体)を 散布し、攪拌・混合することでその地盤を水和反応により硬化 させ、強度を上げる工法です。

工法の利点

作業効率が高く、工期が短いから経済的

狭小地や高低差のある現場で施行が可能

原地盤を改良するため作業効率が高く、工期が短いため経済的です。また、使用重機を現場状況に合わせて選択できるため、狭小地や高低差のある現場での施工が可能です。

使用固化材について

環境保全を考慮した無機質で無害な固化材を使用するため、二次公害の心配が無く、地盤の状態に合わせて添加量を調整できるため、通常の土質(粘性土、砂質土、シルト)等に広く使用が可能です。