鋼管抗貫入工法

ホーム地盤補強>鋼管抗貫入工法:工法の概要

工法の概要

鋼管抗貫入工法とは

住宅の軟弱地盤を強くする基礎地盤補強工法でReinforced(補強)Earth(地盤)with Steel Pipe(鋼管)の略語です。
軟弱な地盤中にパイプ(細径鋼管)を貫入することで地盤の支持力とパイプの支持力の複合作用により、地盤の支持力増加と、沈下低減を図る基礎補強工法です。

工法の利点

高品質・構成度

リーダーストロークによる鉛直保持・杭振れ止めによる杭芯ずれ防止、ロングチャックにより、GLマイナス下まで貫入が可能です。

無振動、低騒音工法

全油圧回転圧入のため、打撃音無し、国土交通省低音規準適合・圧入無排土のため残土処理が不要で現場を清潔に保ちます。

確実な支持力

重機に併設されたオーガースクリューのアンカー的な利用により重機の自重にプラスαの高い圧入力を得ることができ、確実な施工が可能です。

圧入力データ記録

デジタル荷重計測器による圧入力確認、データ値のプリントアウトにより、リアルタイムな分析・施工対応が可能です。